赤い肉割れと白い肉割れの違いって?それぞれの症状の原因や予防方法などご紹介しています!

赤い肉割れと白い肉割れの違いは?

赤い肉割れと白い肉割れの違い

肉割れに気づいたとき、みなさんの肉割れは何色でしたか?肉割れには赤っぽい肉割れと白っぽい肉割れがあります。これは別々の病気ではなく、同じ肉割れが時期によって色が変わるため、発見した時期によっては違う色に見えるということなんです。

「あ!なんか皮膚に変なヒビ割れが出来てる!」と気づいたときにその肉割れが赤かったら、それは出来たばかりの肉割れ、あるいは現在出来つつある肉割れなんです!肉割れに限らず、出来たばかりの傷は赤みを帯びていますよね。それと同じで皮膚組織が裂けたばかりなため、皮膚の上から見える筋が赤みを帯びてるんです。

一方、肉割れに気づいたときに出来ている筋が白っぽかったら、それはもう出来てからしばらく経った状態です。みなさんの気づかないうちに皮膚組織が裂けてしまったんですが、その騒ぎはいったん収束し、周辺の皮膚の伸縮も終わった状態ですね。

このように、発見したときの肉割れの色によってその肉割れがどういう状態にあるかがわかるんですが、実は色によってその時にとるべき対処法がまったく異なります!そして対処のしかたによってその後の状況も大きく変わってきます。

赤い肉割れの予防・解消法

発見したときに肉割れが赤かったとき、それは現在進行形の肉割れだということでしたね。つまりそれは、これからまだまだ周辺の皮膚組織が裂けていく可能性があるということなんです!特に発見した肉割れが1〜2本の筋だった場合、ほぼ確実にそれは拡がっていくと思っていいでしょう。

肉割れが起こっている皮膚は、乾燥して伸縮に耐えられなくなっている状態です。そこでまずやるべきことはただちに保湿すること!保湿力の高いクリームを、肉割れが起こっている部分も含めて周辺にしっかり塗ってください。肉割れ用のクリームがあればそれがいちばんですが、おそらく初めて肉割れを発見したときに肉割れ用のクリームを持っているケースは少ないでしょうから、とりあえず普段顔や身体に塗っている保湿クリームでも大丈夫です。

新たに購入するのなら、肉割れ専用のクリームか、またはヒアルロン酸、セラミド、コラーゲンなどを豊富に含んだクリームがオススメです。仮に肉割れにならなくても持っていて損はないので、1つ用意しておくといいかもしれませんね!

白い肉割れの予防・解消法

肉割れが白っぽい色だったとき、または真珠色、銀色に見えることもありますが、とにかく赤っぽい色でなければ、それはもう発生してからある程度の時間が経過し、状態としては落ち着いた肉割れです。今そこで何かが起こっているわけではありませんので、赤い肉割れを発見したときよりは落ち着いて対処法をじっくり考えましょう。

ただし、いったん白くなった肉割れが乾燥によって進行することは考えられます。また、肉割れしている部分はもともと乾燥しやすいところです。そういう点から考えると、白い肉割れもまた注意して保湿しておくことは大切!ということですね。

その他にも肉割れ治療で評判のクリニックをご紹介!
総合評価第1位
コーラルビューティークリニック

皮下組織に注射針で炭酸ガスを注入する炭酸メソは、5〜10分という短いダウンタイムで6回~肉割れ治療ができる!

総合評価第2位
シロノクリニック

複数のレーザー機器で皮膚を収縮させることで症状を改善するレーザー治療法を採用。※1〜2日赤みが出ることも。

総合評価第3位
エルビューティークリニック

日本人向け天然ハーブミックスオーダーメイドという独自技法を開発。100%天然ハーブを使って代謝を促進。

ページのトップへ