ダイエットをすれば肉割れは治るのか?私の経験をもとにその答えを解明いたします!

ダイエットすれば肉割れは治る?

もしかして、太っているから肉割れが起こっているの?

私が最初に自分の肉割れに気づいたのは18歳のときでした。家に帰って部屋着の短パンに履き替えたときに、太ももの裏側から横にかけて亀裂のような線が入っているのが初めて目に入ったんです。当時は肉割れなんてものがあることも知らず、セルライトともごっちゃになってて、太ったら出来るやつだ!と思い込んで本気のダイエットを計画。専門学校に入って最初の夏休みも近かったので、新しく出来た友達と海にも行きたかったし、これを機に本気で痩せよう!と今思えばかなり無茶なダイエットを敢行しました。

朝はジョギングして、甘い物もジュースもやめ、食事はほとんど野菜とフルーツという日々を続けてたらあっという間に体重が激減、目標を3ヶ月で達成!太もも痩せエクササイズのお陰で足もずいぶんスレンダーになりました。あまりにも急激に痩せたので体調を崩したりもしたけど、これで水着も着れるし、クラブにもオシャレして行ける!と鏡を見たら、なんと肉割れが悪化。範囲が拡がっていました。あとお腹にも肉割れがあることにこの時気付き、いつできたのかわかりませんが、ショックのあまり変な病気なんじゃないかと母親に相談したりして余計に心配をかける始末でした。

肉割れ対策のつもりでやったダイエット、実は肉割れを消すどころか増やしてしまうことになるとは、体重が減った喜びが一転してすっかり落ち込んでしまいました。

痩せても消えない肉割れ!セルライトとの違い

それでも私は自分で肉割れについてちゃんと調べたり、クリニックに相談に行ったりもせず、毎日暗い顔で「もう海にも行けないしクラブにも行けない」と母親に愚痴ってました。見るに見かねた母親が当時アトピー性皮膚炎の治療で通ってたクリニックで相談し、私の太ももとお腹にある筋がどうやら「肉割れ」というものらしいということが発覚。肉割れというのは急激に太ったり痩せたりするとできるものだということもその時に知りました。

でも急激に太って皮膚が割れたようになるというのはなんとなく理解できても、急激に痩せることが肉割れの原因になるというのはなかなか飲み込めませんよね。セルライトというのは脂肪や老廃物の塊で、体脂肪率が高く、運動不足で血行が悪い場合に出来たりするもの、そして肉割れは急激な体重の変化によって起こるもの、という全然別の現象だということも、随分後になってからわかりました。

つまり肉割れは、太ってたり体脂肪率が高かったりすることが理由でできやすくなるセルライトとは違って、ダイエットをしても効果がないばかりか、無理に痩せると悪化する、ということを身をもって知りました。それでもまだ私は肉割れ対策についてそこまで真剣に取り組んでいなかったと思います。少なくともクリニックにかかるようなものではなく、ちょっとひどめの擦り傷や切り傷、肌荒れなんかと同じように考えていました。

肉割れ治療に特化しているクリニックおすすめBEST3
総合評価第1位
恵比寿美容クリニック

真皮層に直接アプローチする血流改善ガス治療でダウンタイムや後遺症の心配なく肉割れをキレイにすることができる!

総合評価第2位
コーラルビューティークリニック

皮下組織に注射針で炭酸ガスを注入する炭酸メソは、5〜10分という短いダウンタイムで6回~肉割れ治療ができる!

総合評価第3位
シロノクリニック

複数のレーザー機器で皮膚を収縮させることで症状を改善するレーザー治療法を採用。※1〜2日赤みが出ることも。

ページのトップへ